スポンサーリンク

広告

2016年9月1日木曜日

キュウリ(よしなり)

毎年種から育てている美味しいキュウリ。

キュウリ(よしなり)の苗キュウリ(よしなり)の苗

新芽の若葉

5月の連休明けごろに種蒔きをします。
私が子供のころ食べたキュウリを思わせる味と香りがして
色が白くなく淡い黄緑をしていることも昔を思わせます。
更に表面のイボイボがたくさんあり収穫の時にはチクリとします。


キュウリ(よしなり)の花キュウリ(よしなり)の葉と蔓

自家消化

親蔓を摘芯して小蔓2本伸ばして孫蔓に実をつけさせます。
夏の間は、自家消化できなくて近所や知人に分けて、
感謝されています。
スーパーのキュウリとは、違って美味しいと評判です。

キュウリ(よしなり)キュウリ(よしなり)と花

イボイボキュウリ

イボイボがあるキュウリは最近店頭から少なくなっているとのこと
理由は、イボイボが他のキュウリを傷つけて商品価値が
なくなるからだそうです。

最近は、美味しくてイボイボのないキュウリが販売されていますが
栽培している【よしなり】より美味しいキュウリには
お目にかかっていません。
冷たくして(もろきゅう)やサラダ、浅漬など毎日の
食卓に欠かせません。